FC2ブログ

***re-na's diary*** precious memories




つるかめ。 :: 2011/07/30(Sat)

tsurukame.jpg

先日、ぴゅうちゃんと久々に図書館に行ってきました。

ぴゅうちゃん、それはそれは大きな声でおしゃべりするので10分ほどで
チャチャっと本を選び帰ってきましたーmoblog_52cc0622.gif

色々と吟味したかったけど、今回借りたのは私2冊、ぴゅうちゃん2冊です。

東野圭吾サンにしようかと思ったけど気分的にゆるゆるした本がよかったので

以前読んだ『食堂かたつむり』の小川糸サンで



『つるかめ助産院』  



まだ十センチにも満たない体で、手のひらにのるくらい小さいのに、赤ちゃんは着実に
私の子宮に根づこうとしている。その存在が、健気で愛おしくなる。もし可能なら、その体を
両手にとって、いい子いい子と撫でてあげたい。



みんな、苦しんで苦しんで、もがきながら生きている。人生の傷は、誰かに代わってもらえる
ものではないのだから。ある意味、人は生まれ落ちた瞬間から、誰もが捨て子なのかもしれない。
どこまでも孤独で、だからこそ、人と触れあったり助けあったりすることに喜びを見いだせるのだ。
  

-本文よりー

飽きっぽい私にはめずらしく、ぐわわわぁ~と読み終えました。

そして今日から2冊目。

tyoutyou.jpg

同じく 小川糸サンで

『喋喋喃喃』  (ちょうちょうなんなん)

意味は 男女がうちとけて小声で楽しげに語りあう様子。


チラッと読んでみましたが、面白そうです♪

いい2冊に出逢えましたmoblog_b0130703.gif


スポンサーサイト



  1. 映画、本,CD,DVD
  2. | trackback:0